友達に自慢できるiPhone7ケース

スマホを買い替えたときに気になるのがケースです。iPhone7ケースは専門店があるほど種類が豊富ですから、どれにしようか悩んでしまうほどです。手帳型や衝撃吸収素材を使っているもの、クリアタイプなどから選んだり、イラストやデザインから選ぶなど自分好みのものを選ぶこともできます。ビジューやネイルなどでカスタマイズするのもオリジナルを作るという意味でおすすめです。最近ではフィンガーリングがついているものや強化ガラスになっているものもあり、性能や耐久性の面でも優れています。炭素繊維で作られているものは軽くて丈夫なのでスマホを長持ちさせることができます。ソフトケースでもメッキ加工されているものもあり、衝撃を吸収してくれるだけでなく、いつまでも美しい状態で使用することができます。

iPhone7ケース全面フルカバー

iPhone7ケースで特徴的なケースといえば360度フルカバーの全面保護タイプです。カバー本体もつるつるとしたものではなく、マットな感触になっており、滑りづらくなっているのが特徴です。リンゴのマークが隠れるのが嫌だという人にはクリアケースがおすすめです。背面が丸く空いていてリンゴのマークがしっかり見えるというタイプもあります。手に吸い付くような感触なのに指紋が付きづらく、メーカーのロゴも入っていないのでシンプルです。強化ガラスの液晶保護もついていて写真撮影もしやすいのがメリットです。ポケットに入れてスマホを持ち歩く方は手帳型だとかさばってしまいますので、全面フルカバータイプがおすすめです。見る角度によって微妙に色が変化するというところもオリジナリティが感じられると好評です。

手帳型に徹底的にこだわってみる

手帳型は右利きのかたは右開き、左利きの方は左開きが使いやすいのでおすすめです。一般的なお店ではそこまでこだわって商品を置いているところは少ないですが、iPhone7ケースの専門店であれば素材、カラー、質感などの他にも手帳型の場合には右開きや左開きを用意しているところがあります。毎日使うものだからこそ上質なものにこだわりたいという方が多く、手帳型の場合には1万円くらいの価格帯でもリピート購入される方が大勢います。手触りや質感が使い込むほどに手になじんでいくところが魅力となります。新品の時には新しい柔らかな色合い、エイジングしていくと味わいのある色や艶に変わっていきます。ハンドメイドにこだわっている専門店もあり、オーダーメイドになっている場合もあります。