衝撃に強いiPhone7ケース

さまざまなメーカーから、数え切れないほどのiPhone7ケースがリリースされ、どれにしようか迷ってしまう事も少なくありませんが、大切なデバイスを守るためには、より衝撃に強い製品を選びたいところです。iPhoneシリーズには、Appleにより「ケースガイドライン」が定められており、Apple純正品や正規ライセンス製品は、この基準を満たさなければ製品化することが出来ません。用途によっては、ある程度の耐衝撃、強度を持った非正規の廉価なケースでも構わないかもしれませんが、万が一の落下や、激突といった事態に備えて、少しでもデバイスに与えるダメージを軽減したいなら、「ケースガイドライン」に準拠した純正や正規ライセンスのケースを選択する事を検討する価値はあります。

ケースの縁によって液晶パネル側も守られる

iPhone7ケースと聞くと、サイドのフレームや背面を守るものだと想像してしまいがちですが、Appleの定めるケースガイドラインでは、実は液晶パネル側も守ることが定められています。ケースの縁に高さを持たせ、それがバンパーの役割を果たし、液晶パネルの側から地面に平行して接地しても、バンパーだけが接地し、液晶パネルが直接地面に触れないような設計になっています。バンパーは同時にストッパーのような役割も果たし、デバイスがケースから零れ落ちるのを防いでくれます。iPhoneの修理内容でいちばん多いのが液晶パネルの損傷だと言われています。保護フィルムを貼ることはもちろん、ケースの側でも、液晶を守る事を意識する事で、より確実に液晶パネルを保護する事が出来ます。

素材だけではなくデザインで衝撃から守る

iPhone7ケースの素材として、最近では、軽くて丈夫で衝撃に強い素材である、TPUが全盛です。ゴムのような柔軟性がありながらも、硬質プラスチックのような強度を持つこの素材は、スマートフォンケースに多く用いられ、衝撃を吸収してくれる素材として定評があります。サイドフレームやコーナーに厚みを持たせることで、衝撃から守るものだけではなく、デザインによって衝撃を分散させるものも出てきています。米軍MIL規格準拠の製品は、厳しい落下テストに合格し、過酷な環境にも耐えられます。以上のことからも、より耐衝撃性が高いのは、Apple純正、または正規ライセンス、かつ、MIL規格準拠の製品となります。欠点があるとすれば、それなりの値段がすると言う事と、基準を満たすためにデザインにある程度の制約があるということです。しかし、大切なiPhoneを保護するためには、ベストな選択肢と言えます。