豊富な素材のiPhone7ケース

最近iPhone7が販売されましたが同時に販売されたのがiPhone7ケースです。勿論ケースに入れずそのまま使ってもいいのですが落下した時に傷ついたり衝撃で壊れる可能性があるため多くの方がiPhone7ケースを使っています。またiPhone7そのもののデザインはそれほど種類が多くありませんのでケースによって個性を出すことができます。デザインの種類は非常に多く色々な年代男女の方が好むデザインがきっと見つかることでしょう。沢山のメーカーからiPhone7ケースが販売されていますがどれを選べばいいのか迷う方もいらっしゃいますが素材により特徴に違いがありますので素材の特徴を知っておけば自分にぴったりのiPhone7ケースが見つかるでしょう。

本体を傷つけず利便性の高いプラスチック素材

今よくiPhone7ケースに使われている素材と言えばTPUになります。これはプラスチックの一種なのですがゴムのような伸縮性を持ちながらも丈夫にできていますのでアイフォンをよく落とす方には適しています。しかも他の素材に比べますと手ごろな価格なのも魅力です。手の中に納まるケースが欲しいというならポリカーボネートがいいでしょう。こちらは薄くて軽いのが特徴です。透明のタイプのものも販売されていますのでiPhone7そのもののデザインが好きな方にはいいでしょう。非常によくスマホケースに使われている素材で、最近では小さな傷程度なら勝手に修復するものもあります。多く使われていることもありデザインも豊富ですので個性的な物が好きな方も気に入ったものが見つかりやすいでしょう。

プラスチック以外の素材も人気です

プラスチック以外の素材のiPhone7ケースもありますが、高級感を出したいなら合皮レザーがいいでしょう。本革もいいのですが合皮の場合は本革に比べて安くなりますし撥水性もありますので濡れたときにシミになりにくいのです。しかも傷もつきにくくキレイに使えます。手帳型のものが多いので使わない時は画面を完全に覆えますし傷つくリスクも軽減できるのが特徴です。衣服の素材としてもよく使われるポリウレタンもiPhone7ケースに使われる素材です。こちらは軽く柔らかいですし一定の強度もあります。毎日ヘビーに使いたい方にはいいでしょう。こちらも手帳型ものが多いのですがカードを入れるスペースなども作られており財布のように便利に使えます。実際に目で見て触れてみてピンときたものを選ぶのもいいでしょう。